鶴の舞の奉納

今年3月10日のことになりますが、境内上空に鶴の群れが飛んでいく光景を録画することが出来ました。

毎年2月から4月上旬くらいの間で、鹿児島県出水市の方で越冬していた鶴たちが、シベリア方面へと帰っていく姿があります。


空を見上げて待っているわけではありません。

教会の中にいても、鶴の声が聴こえてくるときがあります。

そんなときは大編隊のときか、余程近いところまで飛んできているときです。


もしくは、たまたま外へ出ているときに、偶然に出くわしてしまうのです。


実は昨年、一昨年と、境内から見ることができていませんでした。

縁が遠のいてしまったのかなと、少し寂しさを覚えていたのですが、

見事に復活してくれました!
(公開するにはちょっと遅すぎましたけど)


今年の御大祭で、吉備舞の奉納をさせていただけたことと、どこか通じるものを感じています。



動画では、わずかに鳴き声も聴こえています…


画像




過去の鶴の記事

http://saza-nami99.at.webry.info/theme/79de2e5cbc.html

鶴の北帰行
http://saza-nami99.at.webry.info/201201/article_10.html#kimochi

天来のざわめき
http://saza-nami99.at.webry.info/201202/article_5.html





この記事へのコメント